京都府北部(舞鶴市・綾部市・福知山市・宮津市・京丹後市)で自然素材・木を活かした、注文住宅・リフォーム・古民家再生

木を愛する…塩見工務店ブログ「健康・快適・幸せ」に暮らせる木の家専門店
〜自然素材の家・健康住宅〜

家づくりに木を使う際の判断基準『木の節は気になる? 気にならない?』

こんにちは!

ブログ読んで頂きありがとうございます。

思わず深呼吸したくなる健康・快適・幸せに暮らせる木の家づくりをしています。

京都府舞鶴市の木を愛する・・・塩見工務店

塩見智則です。

『木について語ろう!』

この記事は木が大好きな僕が木のうんちく・こだわりについて書くコーナーです。

家づくりに木を使う際の判断基準『木の節は気になる? 気にならない?』

どちらですか?

節の多さは、値段の違いにも直結します。

というのも、 節の少ない部分というのは、 魚でいうと、トロに当たるので、 希少価値があり、 値段も高い! ということになるのです。

 

しかし、 多少節があった方が、 無垢の木って感じがするし、 そっちの方が好きという方も少なくないと思います。

 

では「節」って何でしょう?

 

「節」とは、枝の跡です。

 

木が成長する過程で、生えた枝の跡なのです。

 

この「節」にも、生きた「節」と、死んだ「節」があって、 死んだ「節」は、割れたり、抜けたりするので、 補修が必要となります。

 

しかし、生きた「節」は、模様の一種なので、 補修も必要ないし、自然な感じになります。

まったく「節」の無い木を 「無節」とか「無地」といいますが、 値段も高いし、綺麗ですが、 ちょっとノッペリして、表情がないようにも感じます。

 

あくまで好き嫌いの問題ではありますが、 私は、ある程度、節があった方が味があって良いと思います。

しかも、節がある製品の方が安いのですから、 節が気にならない人なら、 絶対に「節あり」がお勧めです。

また、木には、 年輪がありますから、 カットの仕方によって、 違った「木目」が現れます。

その現れ方によって、 「板目」と「柾目」という木目になります。

これも、好みですが、 一般的に「柾目」の方が価格は高いと いうことになります。

演劇のヒノキ舞台などは、 柾目の無節で綺麗ですが、 節が全くないので、 プリントした合板フローリングと間違うほどです。

 

しかし、やはりこれは、 好みとご予算次第ということになると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

『木の魅力についてについて語ろう!』

木ってホントに素晴らしい!

これまでブログにて木が大好きな僕が木の魅力・うんちく・こだわりについて書いてきました。

その記事をまとめてみましたので、木の魅力を知ってもらえると嬉しいです。

コチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

月別アーカイブ