京都府北部(舞鶴市・綾部市・福知山市・宮津市・京丹後市)で自然素材・木を活かした、注文住宅・リフォーム・古民家再生

木を愛する…塩見工務店ブログ「健康・快適・幸せ」に暮らせる木の家専門店
〜自然素材の家・健康住宅〜

木の魅力・・・『風合い』はなぜ起こるの?

こんにちは!

ブログ読んで頂きありがとうございます。

思わず深呼吸したくなる健康・快適・幸せに暮らせる木の家づくりをしています。

京都府舞鶴市の木を愛する・・・塩見工務店

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塩見智則です。

『木について語ろう!』

この記事は木が大好きな僕が木のうんちく・こだわりについて書くコーナーです。

木の魅力はなんといっても・・・『風合い』だと思います。

木が『風合い」を醸し出す背景には、変色という自然現象が存在します。

木は主に「リグニン」という樹脂成分と、「セルロース」という繊維成分からできています。

建物の外壁に木の板を張ると、時間の経過とともに、若々しい赤やベージュ、樹種によっては

茶色っばかった木の色が、次第にシルバーグレーに変わっていきます。

これはリグニンが太陽の紫外線で分解され、雨で流されてしまったために起こる現象です。

ただし、変色するのは表面のみ。

変色した部分をきれいに削れば、再び新しい木の色が鮮やかによみがえってきます。

室内に張った木の板も、紫外線が当たった部分はリグニンが分解され変色していきます。

しかし、こちらの変色はシルバーグレーではなく飴色です。

外壁のようにリグニンが雨で流されないため、濃厚な飴色に色が保たれるのです。

美しさと歴史を感じさせる飴色の木は、木の家ならではの魅力ですね。

厳選!木楽な家NO.7 (32)新築当時の床板も・・・・。

プライベート (8)今ではこんな飴色に・・・。

愛犬ヒメによって傷も日に日に増えていますがこれも思い出です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

『木の魅力についてについて語ろう!』

木ってホントに素晴らしい!

これまでブログにて木が大好きな僕が木の魅力・うんちく・こだわりについて書いてきました。

その記事をまとめてみましたので、木の魅力を知ってもらえると嬉しいです。

コチラをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー