京都府北部(舞鶴市・綾部市・福知山市・宮津市・京丹後市)で自然素材・木を活かした、注文住宅・リフォーム・古民家再生

木を愛する…塩見工務店ブログ「健康・快適・幸せ」に暮らせる木の家専門店
〜自然素材の家・健康住宅〜

木を愛する・・・塩見工務店がつくる・・・古民家再生紹介。

「なるべく合板使わないシックハウス症候群に悩まされることのない健康的に暮らせる木と自然素材の家造り』を

 目指してにチャレンジをしていくことを決めたのが今から2002年の事でした。

 

木を愛する工務店を掲げ、13年が経ち現在までたくさんのお客様に家造りをさせて頂きながら頑張ってくる事ができました。

 私たちは『思わず深呼吸したくなる本物の木と自然素材の家の魅力を伝え広めていく事』を使命に造りをしています。

 

 なるべく写真を掲載して木の家の良さを伝えて全国に木の家が増えたら良いと思ってます。

 

現代は合理化の流れで壊されたり、空き家となって朽ち果てていく古民家が多くなっています。

  古民家に使われている柱・梁はケヤキやクリなど現代ではなかなか手に入れることのできない貴重な材料が使われています。

  塩見工務店の考える「古民家再生」は、全てを元に戻すわけではありません。

 

古民家の素晴らしい所はそのまま活かして、人類が積み重ねてきた新しい技術を取り入れ、現代の息を吹き込みます・・・。

古民家の魅力はなんといってもダイナミックな黒い柱や梁。

 

なんともいえない荘厳な雰囲気や優しさを併せ持つ古民家のデザインは、きっと日本人か大切にしたい何かがあるのでしょう。

わたしたちは古民家に深く敬意をはらいつつ新しいものとの調和考え、

「木と古民家の融合」をコンセプトにさらにまた何十年先も飽きのこない新しい古民家として次の世代へと受け継ぎます・・・。

古民家再生を手がけるようになったきっかけは2002年・・・

 

「かやぶき屋根を瓦屋根に変えることはできないか?」というあるお客様からの相談からでした。

 

その当時、古民家再生ははじめての仕事で図面通りにはいかないなどいろいろな苦労もありましたが、

 

改めて人力で家を建てる昔の大工さんの偉大さと古民家の素晴らしさを感じ­ることができ良い経験ををさせていただきました。

 

この古民家再生の仕事をきっかけに現在まで数々の古民家再生の仕事をさせて頂きました。

今まで施工させて頂いた「古民家再生」2002年~2012年までの軌跡を公開します。

 古民家再生『住み継ぐ古民家』のスライドショーです。

ぜひご覧ください。

 

古民家再生2002年~2012年・10年間の軌跡・・・

 

2012年完成・・・福知山市 古民家再生公開!

 

2012年完成 ・・・綾部古民家再生公開

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー