京都府北部(舞鶴市・綾部市・福知山市・宮津市・京丹後市)で自然素材・木を活かした、注文住宅・リフォーム・古民家再生

木を愛する…塩見工務店ブログ「健康・快適・幸せ」に暮らせる木の家専門店
〜自然素材の家・健康住宅〜

「UA値」と「地域区分」はしっておきましょう☝️

こんにちは!

思わず深呼吸したくなる健康・快適・幸せに暮らせる木の家づくりをしています。

ブログ読んで頂きありがとうございます。

京都府舞鶴市の木を愛する・・・塩見工務店

塩見智則です。

今日は断熱性能についての話を書いてみたいと思います。

 

もし、夏涼しく冬暖かい家に住みたいのなら、この2つの用語だけはしっかり理解して下さい。というお話です。

 

 

燃費の良い車を買う時に1リットル何km走るのかを知っておくのと一緒くらい基本的な事ですからね。

 

「uA値」

→建物から、どれくらい熱が逃げていくかを数値化したもの

数字が小さい程、逃げていく熱が少ないので、暖かい家という事になります。

 

断熱材の種類&厚さ、窓の性能などすべてひっくるめた家の断熱性能の総合評価だと思ってもらえればOKです👍

 

完全ではないですけど、uA値を知るだけで、その家の断熱性能がわかります。

 

 

「地域区分」

→家が建っている地域の気候によって、日本列島を8箇所にわけた分布図のことです。

 

 

 

 

 

詳しくは⇓

 

地域区分について

 

 

例えば、冬を想像して下さい。

 

北海道にある家と、沖縄にある家。

どちらの家の断熱性能もuA値0.5とします。

 

この時、家の中の体感温度はどうでしょう?

間違いなく、北海道の方が寒く感じるでしょうね。

 

北海道じゃ、uA値0.3は欲しい‼️

そういう意見も出るかもしれません。

 

つまり、快適に思えるuA値は、地域によって違うって事です。

 

「そんなの当たり前の事言ってるですか?」

 

まあ、そう思うかも知れません。

 

でも、あなたの建築予定地が、地域区分で分けられている1~8の中のどの地域に属しているか、答えられますか⁉️

 

もし、答えられなかったとしたら、今覚えて下さい☝️

 

同じ県の中でも、市によって地域区分が違う場合もあります。

 

 

自分の地域区分、覚えられましたか?

 

はい、ではこの票を見て下さい。↓

 

これが、あなたの地域で必要とされるUA値です。

 

2020年に義務化される数値がH25基準で

京都府北部は5地域という区分に入り、2020年省エネルギー基準適合住宅の基準値がUA値 0.87以下です。

 

2地域の青森に家をたてる場合は、uA値0.46以下

が必要だと言うことを表しています。

 

 

 

 

 

地域ごとに、基準の数値が決められていてその基準を満たしましょう!

というのが『2020年省エネルギー基準適合住宅』という言われているものです。

 

国が打ち出している政策の影響もあり、これからの家は高気密高断熱の省エネ住宅が当たり前になってきます。

 

2020年までにこの基準を満たせない建築会社は家を建てないでくださいね!

という事なので対応できない建築会社はこれから淘汰されるということですね・・・。

 

 

 今から家を建てるのであれば2020年省エネルギー基準適合住宅施行にかかわらず

省エネルギー基準に適合した住宅を考える事をおすすめします。というか必須です‼️

 

塩見工務店ではその基準が発表されてから全棟外皮計算をし、2020年省エネルギー基準適合住宅に対応しています。

 

 

ただUA値0.87以下というのはあくまで基準の数値でここからはお客様の要望や予算しだいにはなるところですが塩見工務店ではZEH基準UA値0.6以下を基準に高気密高断熱の家づくりをしています。

 

ZEHって?

 

『ゼロエネルギー住宅(ZEH)』と呼ばれるもので、

現在、ハウスメーカーさんが宣伝されるので、一度は耳にされたことがあるのでは?

 

 

ハウスメーカーさんにしか出来ないと思われているゼロエネルギー住宅は、工務店でも普通に出来ますし、逆に出来ない工務店の方が少なくなってきてます。

 

ここまでの基準まで満たそうと思うと太陽光が必須となってきますので、大幅にコストが上がりますので必然的に予算のゆとりのある方は検討されてはどうですか?という話になってきます。

 

もう少し詳しい内容はまたの機会にブログに書くとして・・・。

 

今回のポイントを簡単にまとめると・・・。

 

以下の3点はこれから家づくりをされる方は絶対に知っておいてくださいね。

 

・これからの住宅には省エネルギー性能の高い家が必須です。

 

・その省エネ性能を表す数字が『UA値』で外皮計算をすることで求めることができます。

 

 

これから家づくりを考えるられる方は建築会社さんに、

・『外皮計算はされていますか?』

・『今、現在建てられている家のUA値は?』

・『2020年省エネルギー基準適合住宅に対応されていますか?』

と質問してみて下さい。

 

この質問に答えれる建築会社さんを選ぶことがこれからの一つの基準になると思います。高気密高断熱の家づくりをされている建築会社さんなら普通に答えられる話です。

 

これに答えれない建築会社さんに夏涼しく冬暖かい家づくりは不可能です。

 

 

予算に応じて、少しでも断熱性能を上げることを希望される方は、ぜひエネルギー計算をお薦めします。

 

実際は、こんな数値さえもクリアできていない家がほとんどなんですよ。

 

これまでの家より性能が良いので、当然ですがコストはUPします。

光熱費が安くはなりますので徐々に価格UP分は解消されていきます。

 

ただし、「夏涼しく、冬暖かい家。」

家作りにおける大きな魅力の一つですが、家ってそれだけではないですよね。

 

断熱性能はすごくいいけど、

・内装材が安っぽい。

・外装材の耐久性が低い

・ダサい

・耐震性が低い

・水回り設備が使いづらい

他に耐え難い不満があったらどうですか?

 

あくまで家はバランスが大事です。

予算は限られていますので、無理なく希望を叶えられるように割合を決めて下さい。

 

それを忘れないようにして下さい。

 

 

【こちらに記事もおすすめです

・いろんな断熱材があるけど良い断熱材は何?そもそも断熱って?重要性について書いてみました。
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/4677
これから家づくりをされる方は絶対に知っておきたいUA値という基準
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/9759
これから家づくりをお考えの方は必ず外皮計算をしてもらいましょう
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/9835

最後まで読んで頂きありがとうございました!

【これまでお世話になった施工事例


『楽木(ラッキー)な家』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/16764

『家族が笑顔で暮らせる木と自然素材の家』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/13821

『木をとことん楽しみ・家族が仲良く快適に暮らせる2世帯住宅』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/13815


『家族が笑顔で暮らしを楽しめる木と自然素材の家』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/9343


『奥様の希望を叶える、家族との時間を大切にする家
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/7961

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

これから楽しい家づくりをはじめる前にまずは家づくりを知るところからこちらをお読みください!

家づくりは一生に一度の一大事業とよく言われます。

一生に一度ということは多くの方が経験の無い中で家づくりに取り組むことになります。

そして金額的にも高価な買い物であるため、後悔や失敗をしたくないと思い、不安になるのは皆さん同じだと思います。

本来、家づくりは夢のある楽しいことなんです。

僕もプロとして仕事をしていても家づくりは楽しいことなんです!

そんな楽しい家づくりだからこそ、不安を抱えながら家づくりをするのではなく、不安を少しでも取っていただきたいです。

家づくりで抱えがちな不安を解消するために、なるべくわかりやすくを心がけてお役立ち情報を書いています。

『家づくりお役ち情報コーナー』ではその不安を少しでもとって楽しい家づくりを頂くためにで知っておくと役立つ?

役に立てば嬉しい(僕がですが・・)情報を発信しています。

これから家づくりをお考えの方へ向けて・・・。

『住宅ローン』・『土地選び』・『家づくりにかかる費用』・『家づくりの考え方』・『家の間取り』・『家のメンテナンス』の疑問

についてこれまでに書いた記事をカテゴリーごとにまとめてみました。

これからの家づくりに参考にして頂き楽しい家づくりの少しでもお役にたてれば幸いです。

家づくりのお役立ち情報

・家づくりを始める前に知っておきたい『住宅ローン』の疑問について書いた記事は⇒コチラをクリック

・家づくりを始める前に知っておきたい『土地選び』の疑問について書いた記事は⇒コチラをクリック

・家づくりを始める前に知っておきたい『家づくりにかかる費用』の疑問について書いた記事は⇒コチラをクリック

・家づくりを始める前に知っておきたい『家づくりの考え方』の疑問について書いた記事は⇒コチラをクリック

・家づくりを始める前に知っておきたい『家の間取り』の疑問について書いた記事⇒コチラをクリック

・家づくりを始める前に知っておきたい『家のメンテナンス』の疑問について書いた記事は⇒コチラをクリック

【ご希望の方はOBお施主様のご協力により見学して頂けます!】

お家に一歩入ったら空気感が違う?

どうして?

こんなご質問をよくいただきます。

違いを分かっていただくために、玄関を入ったら「深呼吸をしてみてください」とお願いしています。空気感の違いは、自然素材の天然無垢材、珪藻土壁が嫌な匂いを取り去り、人間がすごしやすい快適な空気を作りだしているからなんです♪

一度体感してみたいという方は是非見学ください。

『家族が笑顔で暮らしを楽しめる木と自然素材の家』
詳しくは⇓
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/9343

木を愛する塩見工務店LINE @

LINE @では以下の情報をお届けします

・完成見学会&イベント情報
・家づくりをお考えの方へのお役立ちネタ
・木を愛する大工が木の魅力を発信(予定)
・暮らしを楽しくするこんなもの作ってみました
・木とアイアン『木鉄〜こてつ〜』のお知らせ
などなど
ゆるりとご覧いただければ幸いです

友達追加して頂くと、LINEで情報を受け取ることができますが、こちら側は1:1トークを始めないかぎり個人が特定できません。

ですのでしつこい営業は行いません(というかできません)

お知らせが鬱陶しくなったらブロックすることもできます

なので、お気軽に友だち追加よろしくお願いします🙏

問い合わせなどもこちらからできるようなのでお気軽にどうぞ~。

⇓コチラ

Instgramて情報発信中です。こちらもよろしくお願いします。

木を愛する・・・塩見工務店ピンタレスト

木を愛する・・・塩見工務店LIMIA

木とアイアン家具 『木鉄~こてつ~製作所

毎日の暮らしの中で使うほどに愛着が湧く木とアイアン製品を暮らしの一部に・・・・。

あたたかい質感の木と硬く冷たい質感のアイアン、一見相反する素材ですが、冷たい鉄も、

自然のぬくもりを感じる木と合わせることで“あたたかな暮らし”に馴染むんです。

木と自然素材の家に相性ピッタリな木とアイアンを使った家具やインテリア・・・。
こんな家具があったら・・・暮らしを楽しく!便利に!カッコ良く!快適に!

決まったサイズに合わせて暮らすのではなく住まわれる家族の暮らしのサイズに合わせつくります。

オリジナル家具・インテリアで部屋をトータルコーディネートすることも可能です。

こんなものつくれませんか?

これが欲しい!など対応致します。

お気軽に問い合わせください。

※ご相談は・・・
Instagram・LINE@・メールはからメッセージにてご相談ください。
商品に対するお問い合わせはこちらからお願いします。

『木鉄製作所~こてつせいさくしょ~Instagram

http://instagram.com/kotetsu_wood.iron.works

木鉄製作所~こてつせいさくしょ~LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40mie4456a
QRコード

木を愛する・・・塩見工務店は舞鶴市を中心とした京都北部エリア(福知山市、綾部市、宮津市、京丹後市)

一生に1度の家づくりを大切にして健康に快適で暮らしたい!毎日の暮らしを楽しみたい!

お客様のために思わず深呼吸したくなる本物の木と自然素材の家の魅力を伝え広めていくために家づくりしている工務店です!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー