京都府北部(舞鶴市・綾部市・福知山市・宮津市・京丹後市)で自然素材・木を活かした、注文住宅・リフォーム・古民家再生

木を愛する…塩見工務店ブログ「健康・快適・幸せ」に暮らせる木の家専門店
〜自然素材の家・健康住宅〜

人数が少ない小さい建築会社さんに依頼するのは心配?

こんにちは!

思わず深呼吸したくなる健康・快適・幸せに暮らせる木の家づくりをしています。

ブログ読んで頂きありがとうございます。

京都府舞鶴市の木を愛する・・・塩見工務店


3代目 塩見隆宏です。

ご質問がありました。

 

「塩見工務店さんって少数しかいないみたいですが、大丈夫なんでしょうか?(潰れないのでしょうか?的なニュアンス…)

 

人数が少ない小さい建築会社さんはやっぱり心配です。

 

それとも大きすぎても逆に経営が安定しないので潰れやすいのでしょうか?教えてください」と、いうご質問をいただきました。

 

結構心配ですよね。

 

実際に建築途中に会社が潰れるなんて事はたまーーにですが実際にあります。

 

着工金や上棟金を支払った瞬間に「倒産」なんて事も笑い事でもなくあります。

 

実際はどうなのかというと…。

 

「塩見工務店は潰れるかも知れません…」

 

縁起でもない話ですが、可能性としては0でないですよ!っていう意味です。

 

じゃあ不安だから相談するのはやめておこう‼️ってならないで下さい‼️

 

続きを読んでから判断よろしくお願いします。

 

・・・はい、ではこれがどんな意味なのか解説していきますね。

 

会社の人数が問題ではない?

 

「塩見工務店さんって少数しかいないみたいですが、潰れないのでしょうか?」と言われると潰れるかもしれません。

 

ん~。でも潰れないかもしれませんし、これは正直わからないですよね。

 

ただ少数だから潰れやすいっていうことは絶対にないですね。

これだけは強く言っておきます。

 

それはどういことかというと実際に社員さんが10人いると10人分の人件費を確保するための売上が必要になってきます。

 

当たり前ですが(笑)。

 

そのバランスが合ってるかどうかだけの話で、ひとりでやってても潰れるかもしれないですし、2人でやっても潰れるかもしれない、10人いても経営として大丈夫かもしれないですし、10人もいたら潰れるかもしれない。

 

すべては会社の経営ですからね。

 

利益と経営規模がしっかりと合っているのかどうか?

 

これだけだと思います。

 

人数に対する受注(売上)がしっかり確保出来ているのか?という事が非常に大切だと思います。

 

それは会社の体制にもよります。

 

社員3人で年間新築3棟という会社と社員10人で年間新築3棟の会社どちらが安心できますか?という話です。

 

 

 

・住宅業界はこれから激変期を迎えます

 

ちょっと業界の話をすると…今後、住宅業界は二分化されるんじゃないかなという風に言われています。

 

どういう風な形で二分化されるかっていうと中小企業って言われるその真ん中の会社さんってのが結構倒産確率は高いのでは?と言われています。

 

ハウスメーカーさんは自力がスゴイです。

 

僕たち地場の工務店に比べると、っていう事でですが・・・。

 

数の原理だったりとか、規模の原理で、結局、宣伝広告費であったりとかバンバンかけるお金もありますし、資金力もありますし、ブランドもあるので、そういったところで、しっかりとまだまだポジションを取っていかれるんじゃないかな、と思います。

 

でも、僕らみたいな2人~5人ぐらいで経営している会社さんていうのは、ハウスメーカーの様な年間受注棟数はなくても経営的には問題ないのです。

 

30棟、40棟、も当然無理して建てなくても経営的には問題ないので、年間で10棟前後とか、経営としては十分成り立つというイメージです。

 

(そこは会社の家づくりのスタイルにもよりますが・・・。)

 

地場の工務店さんのライバルはやっぱりハウスメーカーさんとの戦いにもなります。

 

工務店ならではのお施主様に沿った家づくりをしっかりご提供できるのか?

 

突き詰めていく事が大事だと思ってます。

 

ハウスメーカーさんのライバルは工務店さんです。

 

潰しにかかってきてますので、そこに耐えれるだけの工務店さんの経営力や業界のポジショニングっていうのは非常に大事になってくると思います。

 

 

 

ただ僕たちぐらいの規模で経営している年間で5、6棟、弊社でしたら2、3棟の会社の経営規模になってくると、あんまり変わらな事が多い、めちゃくちゃ増えた時期がある訳でもなく減ってもいない。

 

なので人員がそんなに多くないって会社が僕の廻りには結構多いです。

 

もちろんきちんとお客さんのニーズにあった経営や家づくりが出来ていればというのが前提ではありますが・・・。

 

今、地場の小さい工務店が力を付けて来ていると思います。

というのももう少し小さい規模(僕たちの様なw)の工務店がどんどん力をつけてきています。

 

ハウスメーカーさんもやっぱり棟数がどんどん増えていくにあたって、当然コストパフォーマンスがよくなって、家も安くなり高性能な家づくりを目指しています。(良いことです(笑))

 

 

 

塩見工務店が今やってる活動っていうのは、小さいな規模で経営を安定させるように考えております。

年間最大6棟という受注制限を設けて経営していますが、同じ様な規模の優良な工務店さんがやっぱり協力し合って、これから先、生き残っていかないといけないんじゃないかなと思いますし、ほんとにいい家をお客さんに提案をするための、努力っていうのをしていかないといけないんじゃないかな、という風に感じます。

 

塩見工務店が少数だから絶対大丈夫ですよ、とも言わないですけども、潰れるか潰れないかはもう分からないっていうのが答えなんですけど‥。

 

人数は関係ないという風に僕は思ってます。

 

というわけで・・・。

 

結論・・・。

塩見工務店は潰れるかも知れませんし、潰れないかもしれません。

 

ただそうならないように・・・。

全国の優良な工務店さんと情報交換や勉強会など積極的に参加して協力し合ってます。

 

頑張っていきます💪

 

 

よくある疑問・質問にお答えしますのコーナー。

このコーナーではこれから家づくりをお考えの方へ向けて、

私が28年間建築業界で家づくりをしてきた経験をもとに、家づくりの疑問、アドバイス、建築業界の裏話的なお話など書いています。

 

【こちらに記事もおすすめです♪】

最後まで読んで頂きありがとうございました!

【これまでお世話になった施工事例】

『家族が笑顔で暮らせる木と自然素材の家』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/13821
『木をとことん楽しみ・家族が仲良く快適に暮らせる2世帯住宅』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/13815
『家族が笑顔で暮らしを楽しめる木と自然素材の家』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/9343
『奥様の希望を叶える、家族との時間を大切にする家 』
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/7961


 

【ご希望の方はOBお施主様のご協力により見学して頂けます!】

お家に一歩入ったら空気感が違う?

どうして?

こんなご質問をよくいただきます。

違いを分かっていただくために、玄関を入ったら「深呼吸をしてみてください」とお願いしています。空気感の違いは、自然素材の天然無垢材、珪藻土壁が嫌な匂いを取り去り、人間がすごしやすい快適な空気を作りだしているからなんです♪

一度体感してみたいという方は是非見学ください。

『家族が笑顔で暮らしを楽しめる木と自然素材の家』
詳しくは⇓
http://shiomi-kiraku.com/wp/archives/9343

 

木を愛する…塩見工務店LINE @

 

※友達追加して頂くと、LINEで情報を受け取ることができますが、こちら側は1:1トークを始めないかぎり個人が特定できません。

ですので…しつこい営業は行いません(というかできません)。

お知らせが鬱陶しくなったらブロックすることもできます

なので、お気軽に友だち追加よろしくお願いします🙏

問い合わせなどもこちらからできるようなのでお気軽にどうぞ~。

 

Instgramにて情報発信中です。こちらもよろしくお願いします。

 

 

木を愛する・・・塩見工務店は舞鶴市を中心とした京都北部エリア(福知山市、綾部市、宮津市、京丹後市)で一生に1度の家づくりを大切にして健康に快適で暮らしたい!毎日の暮らしを楽しみたい!

お客様のために思わず深呼吸したくなる本物の木と自然素材の家の魅力を伝え広めていくために家づくりしている工務店です!

 

 


 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

月別アーカイブ